リボルテックヤマグチ No.13 EVA四号機

リボルテックヤマグチ No.13 EVA四号機

発売日:2006-10-15
おすすめ度 ★★★★☆
売り上げランキング:3095


リボルテックシリーズに「新世紀エヴァンゲリオン」から「EVA四号機」が登場。

リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。

シールドを持たせにくい。
しかも、シールドの持ち手の部分がすぐにおれてしまいました。
本体はかっこいいですよ。しっかり動くし。でも、手首の間接がユルユルです。
武器が少し物足りない気がします。シールドがついてるからかなぁ。
量産機と初号機F型装備が出るので、オプション武器セットとか出してくれたら、もっと楽しめる気がします。

★★★★☆ 2006-12-02 あと一歩、何か足りない?
このシリーズのポージングの自由度には文句の付けようがありません。しかしいかんせん、武器がショボ過ぎます!ので、ぜひリボルテック用の精密な武装セットを出して欲しいところですなぁ。
あと素体の方は全体的にあっさりしすぎな気がするので、ガンダムマーカーなどで自分でスミ入れをするとかなり引き締まるのでオススメですよ。

★★★★☆ 2006-10-20 最終兵器
ラストアイテムは締めの存在として価値があるのだろう。これ自体の魅力と言うよりも、この形で存在することに価値がある。参号機の色違いでしかない。でもそれが四号機なのだろう。そう割り切ってみると可愛い奴に見えてくる。

ハイハイ出ましたよ。海洋堂伝統の「単なる色替え」。
エヴァシリーズはただでさえ本体金型の使い回しが出来るので、武装で差をつけるべきなのに…
参号機と全く同じってどういうこと?
ユーザー舐めすぎ。
これなら、零改にロンギヌス、参にポジトロン付けてくれれば、四は庵野シールドに価値を見い出せるのに…
もしくは全く他の武器無しでデュアルソーだけ、とかマステマだけの方がよっぽど遊べました。
これまでのリリース内容が良かっただけに本当に残念。量産機には期待。

★★★★★ 2006-09-14 白銀のEVANGELION
ほぼ色かえだけでオプションパーツが参号機と同じと言う事に不満な方もいるご様子。しかし、考え方によって結構美味しい仕様では?
参、四号機のロケットランチャーを弐号機の両手に装備!ゼルエル戦の再現が!!
四号機がリリースされる事でエヴァンゲリオン全機コンプできるし、もしリリースされなかったら参号機を二つ買わないとロケットランチャー両手装備は再現できなかったはず!
全機揃ったエヴァンゲリオンは壮観でしょう!


まぁ欲を言えばやっぱり量産型もリリースしてもらいたいところです。

>>もっと詳細を見る