リボルテックヤマグチ No.31 OVA版ゲッター1 真ゲッターロボ

リボルテックヤマグチ No.31 OVA版ゲッター1 真ゲッターロボ

発売日:2007-07-15
売り上げランキング:9


「リボルテック」シリーズ31作目となる、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)作品「真ゲッターロボ」に登場の真ゲッター1の塗装済み完成品フィギュア。
アクションフィギュア用に考案された、曲げ角度の維持や抜き差しが可能な耐久性のあるリボルバージョイントを股関節に使用。造形は山口勝久による山口式可動。
>>もっと詳細を見る

リボルテックヤマグチ No.30 ディスヌフ

リボルテックヤマグチ No.30 ディスヌフ

発売日:2007-07-15
売り上げランキング:4


「リボルテック」シリーズ30作目となる、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメーション)作品「トップをねらえ2!」に登場のバスターマシン、ディスヌフの塗装済み完成品フィギュア。
アクションフィギュア用に考案された、曲げ角度の維持や抜き差しが可能な耐久性のあるリボルバージョイントを股関節に使用。造形は山口勝久による山口式可動。
>>もっと詳細を見る

リボルテックヤマグチ No.15 ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSP (フレンドショップ限定)

リボルテックヤマグチ No.15 ソルティックH8 ラウンドフェイサー コーチマSP (フレンドショップ限定)

発売日:2006-12-14
売り上げランキング:2099


新世代アクションフィギュア「リボルテック」シリーズから、エリートパイロットで構成された24部隊専用の、青いソルティックが限定商品として登場。
  • 特徴であるターボザック&アームリニアガンも付属
  • 鮮やかな機体に映える、「24」のスペシャルマーキング
  • リボルテックフレンドショップ(R.T.F.S)限定販売アイテム
  • リボルバージョイントを全10ヶ所に使用。オプションハンドも5本付属
  • 「リボルテック」シリーズは、アクションフィギュア用に新開発されたジョイントパーツである「リボルバージョイント」を使用した、山口勝久設計製作によるシリーズ
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む
  • リボルテックヤマグチ No.19 コンボイ

    リボルテックヤマグチ No.19 コンボイ

    発売日:2007-01-15
    売り上げランキング:371


    「リボルテック」シリーズ19作目となる、アニメ「トランスフォーマー」シリーズ「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」などに登場の、初代G1コンボイ完成品フィギュア。
    アクションフィギュア用に考案された、曲げ角度の維持や抜き差しが可能な耐久性のあるリボルバージョイントを股関節に使用。造形は山口勝久による山口式可動。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.10 イングラム1号機

    リボルテックヤマグチ No.10 イングラム1号機

    発売日:2006-09-15
    売り上げランキング:2242


    「機動警察パトレイバー2」からイングラム1号機がリボルテックに登場。

    リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
    シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.09 エヴァ参号機

    リボルテックヤマグチ No.09 エヴァ参号機

    発売日:2006-08-15
    売り上げランキング:245


    全身12か所に組み込まれたリボルバージョイントと、熟成された「山口式」可動により、これまで以上に増幅した可動範囲を発揮。庵野監督オリジナルデザインシールドを含む豊富な武器オプションにより、劇中を超えたアクションが再現可能。
    ボーナスパーツ:
    ランチャー銃×1、サブマシンガン×1、トンファー×1、庵野版シールド×1、暴走モード頭部×1、オプションハンド×6、アンピリカルケーブル×1

    リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
    シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.11 EVA零号機 改

    リボルテックヤマグチ No.11 EVA零号機 改

    発売日:2006-09-15
    売り上げランキング:247


    「新世紀エヴァンゲリオン」から「零号機・改」がリボルテックに登場。

    リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
    シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.28 エヴァンゲリオン初号機 F型装備 (初回限定特別価格版)

    リボルテックヤマグチ No.28 エヴァンゲリオン初号機 F型装備 (初回限定特別価格版)

    発売日:2007-06-15
    売り上げランキング:1310


    通常価格¥2,415(税込)のところ、初回生産分限定価格の¥1,995(税込)でご提供。

    【ボーナスパーツ】
    ・インパクト・ボルト×2
    ・プログレッシブ・ダガー×2
    ・オプションヘッド×1
    ・オプションハンド×6
    ・ディスプレイベース×1
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 武器付き (フレンドショップ限定)

    リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 武器付き (フレンドショップ限定)

    発売日:2007-05-15
    売り上げランキング:87


    「人類補完計画」の感遂を目的として、秘密組織ゼーレによりひそかに開発されていた、“量産機”ことエヴァンゲリオン5〜13号機。劇中では、エヴァンゲリオン弐号機と自衛隊との戦闘中に、突如飛来する姿が印象的。各機体とも搭乗者は存在せず、「第17使徒タブリス(渚カヲル)」を元とした「ダミーシステム“KAWORU”」により稼動する。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 羽付き

    リボルテックヤマグチ No.26 エヴァンゲリオン量産機 羽付き

    発売日:2007-05-15
    売り上げランキング:466


    「人類補完計画」の感遂を目的として、秘密組織ゼーレによりひそかに開発されていた、“量産機”ことエヴァンゲリオン5〜13号機。劇中では、エヴァンゲリオン弐号機と自衛隊との戦闘中に、突如飛来する姿が印象的。各機体とも搭乗者は存在せず、「第17使徒タブリス(渚カヲル)」を元とした「ダミーシステム“KAWORU”」により稼動する。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.19 コンボイ

    リボルテックヤマグチ No.19 コンボイ

    発売日:2007-01-15
    売り上げランキング:371


    「リボルテック」シリーズ19作目となる、アニメ「トランスフォーマー」シリーズ「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」などに登場の、初代G1コンボイ完成品フィギュア。
    アクションフィギュア用に考案された、曲げ角度の維持や抜き差しが可能な耐久性のあるリボルバージョイントを股関節に使用。造形は山口勝久による山口式可動。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.10 イングラム1号機

    リボルテックヤマグチ No.10 イングラム1号機

    発売日:2006-09-15
    売り上げランキング:2242


    「機動警察パトレイバー2」からイングラム1号機がリボルテックに登場。

    リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
    シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.09 エヴァ参号機

    リボルテックヤマグチ No.09 エヴァ参号機

    発売日:2006-08-15
    売り上げランキング:245


    全身12か所に組み込まれたリボルバージョイントと、熟成された「山口式」可動により、これまで以上に増幅した可動範囲を発揮。庵野監督オリジナルデザインシールドを含む豊富な武器オプションにより、劇中を超えたアクションが再現可能。
    ボーナスパーツ:
    ランチャー銃×1、サブマシンガン×1、トンファー×1、庵野版シールド×1、暴走モード頭部×1、オプションハンド×6、アンピリカルケーブル×1

    リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
    シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む

    リボルテックヤマグチ No.11 EVA零号機 改

    リボルテックヤマグチ No.11 EVA零号機 改

    発売日:2006-09-15
    売り上げランキング:247


    「新世紀エヴァンゲリオン」から「零号機・改」がリボルテックに登場。

    リボルテックは、毎月2種同時発売となる、「コレクタブル」フィギュアコレクションシリーズ。漫画家内藤泰弘氏とデザイナー神宮司訓之氏によるトイブランド「TOYTRIBE/トイトライブ」の発案による、「リボルバージョイント」を採用。「リボルバージョイント」は、カチカチという快いクリック音とともに大きな角度で曲がり、どんな角度に曲げてもその状態を確実に保持、何度も曲げるとへたるという可動関節の問題点を解消した、新コンセプトの汎用ジョイントパーツ。可動部以外は抜き差し自由なシンプルな構造で、違うフィギュアの四肢を入れ替えることも可能、同じジョイントをあらゆるモチーフのフィギュアに転用できるなど、新たな可能性を秘めた“革命的な”パーツなのだ。
    シリーズの造形はすべて、山口式可動の発明&実践者山口勝久が手がける。リボルバージョイントという関節部を共通化することにより、クオリティとリーズナブルな価格帯を実現しているシリーズだ。
    >>もっと詳細を見る
    続きを読む